FC2ブログ
解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
好きな風景  (2012/07/28)


詳細はいるかしら(笑)

少しだけおつきあいください。


空の赤みが静まったころ

それが映ったかのようにおやぢのほべたは赤ら顔。












s-P7244019.jpg

こんばんわ。

店には息子さんが一人。

ちょっとさびしい気がするな。

香港の品書きはお客さんが趣味で書いてくれたもの。

いつみても風情があってええもんや。

値段は何十年もかわってないよ。









s-P7244024.jpg

豚からを注文すると肉を切り出す。

ぶぁつて でかい。

それに衣をつけて10分 じっくり揚げる。

その後余熱で蒸らし食べるときには













s-P7244025.jpg

この状態。

衣は芳ばしく肉はやらこいまま。

















s-P7244023.jpg

この辛子ダレを潜らせてビールで流し込む。

から揚げがでかいんでビールは2本いるなぁ。

















s-P7244028.jpg

焼ビーフン。

先代は昨年2月に引退されたとのこと。

今もご夫婦そろってお元気とのことで一安心。















s-P7244031.jpg

ちゅーことはおれも一年半以上無沙汰なんやな。



















s-P7244035.jpg

仕上げはカニ炒飯。

香港の看板メニュー

もともと香港の焼飯は玉ねぎが入っていてしっとり系やけども

カニがはいることでそれはまったりになる。













s-P7244037.jpg

そのまったりが口に入れるとカニの風味と共に

ほろりとくずれる。

















s-P7244039.jpg

外の暑さと親父さんの昔話や釣り談義も手伝ってついつい。

ふだん一人ではこんなに飲まないやけどな。

















s-P7244044.jpg





ごっとさん。





■中華料理 香港

住  所 大阪市浪速区恵美須東1-19-12
もしもし 06-6631-6327
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜、月曜


まろんと いっつは にゅーわーるど②〆は香港 (2007/09/05)

あはは 香港マフィアが香港にの巻






関連記事


詳細いらんいらん(笑)
山とか川とか自然もエエけど、ほんまの大阪を代表する素敵な画像やと思います!
(いわお)
2012/07/28 | URL |(trip@H6hNXAII)
編集



香港 香港の焼飯はホンマに美味いですね。
日曜休みと午後5時からの営業でなかなか行けてません。
焼飯とワンタンメン、安心して美味しいのが食べられます。
(まさる)
2012/07/29 | URL |(trip@dvUYBDnY)
編集



いわおちゃん まいどーです。

日が暮れてだんだん通天閣のネオンがはっきりしだす頃
労働者の胃袋を満たしおやじは赤ら顔。
ええもんや。
(岸和田市民)
2012/07/30 | URL |(trip@-)
編集



まさるちゃん まいどーです。

同じくハードルが高かったのですが
代が替わられているとのことでいてきました。
(岸和田市民)
2012/07/30 | URL |(trip@-)
編集



MOVEが壊れて暑い営業マンです(^^;)

いやー香港は行ったこと無いわ。
噂には聞いていましたよ、かに炒飯。

この鍋振りは職人やね。
息子さんですか。
親父さんはもっと凄いのか。

毎週通るのに いっとかなあかんね。
(営業マン)
2012/07/30 | URL |(trip@-)
編集



営業マンはん まいどーです。

車つぶれたの あらあら。
このくそ暑いのにそれはたまりまへんな。

香港どーしても先代と比べてしまうなぁ。
炒飯は作る人間がかわればまったくちがう店の味。
違うのは鍋ふりではなくて雰囲気かな。
味ではないアジ。
最初はオーソドックスな炒飯をおすすめします。
(岸和田市民)
2012/07/31 | URL |(trip@-)
編集



炒飯史上えらく貴重な映像、びっくりしました。
鍋振りは必ず約2分ですね。素晴らしい。
(すくわか)
2012/07/31 | URL |(trip@-)
編集



すくわかはん まいどーです。

やっぱりプロの技は無駄がなくきれいですね。
中華の醍醐味は目の前で鍋ふりがみれること。
この時点で頭の中ではもー食っている(笑)
この音とリズムがたまらなく素敵です。
(岸和田市民)
2012/08/01 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2019. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.