解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
千野屋 がんこなまでのひたむきさ (2012/05/03)



まいどー

大将 ひさしぶり。


まー ○○さん ひさしぶり。

ママ 昼は喫茶店いそがしのによーがんばるなぁ。

それがな 骨折ってしもて鍋ふられへんなってやめてしもたんよ。

普通の軽フライパンやったらふれるんやけど

あの鉄のんやないと味でーへんし

もみななったゆわれんのんもいややからきっぱり閉めたんよ。

そーなんや ママらしいな。

ママの焼飯うまかった。


ありがとー。



tt1-P4251987.jpg

ここのかんとだきのスジは好みで煮加減ゆえるねん。

よー煮えたんから3段階。

おれ好きなんは浅いやつ 噛むとなぎしぎしゆーねん。

ええ スジよ。

出汁もやさしい。











tt1-P4251988.jpg

出汁巻きは大将が銅板で一返し一返し

ていねいに焼いてくれる。

















tt1-P4251989.jpg

割るとね ふわあって だしと玉子のかおりが立ち上る。

この断面みたらだいたいどんな仕事かわかるよね。

ええ加減に焼いてない。

まんべんのー火が通ってむらがないから食感も一様。

この焼きは伊達ではできんな。











tt1-P4251991.jpg

てんぷら揚げて。

れんこんとしょうが。

このしょうががまたやさしいの。

レンコンはしゃくしゃく。













tt1-P4251993.jpg

芋。



















tt1-P4251997.jpg

なんの変哲もない芋天。

この芋がよい。

でんぶ切るとこから始まってじんわり鍋見守りながら

真剣に揚げる。

んで芯まで火がとおったんをみきわめてサッと油きり。

なんとこの芋のあまいこと。

なんか無性にうれしなる。






tt1-P4251999.jpg

仕上げは中華。

のんだあとにうどん出汁の黄いそば。

胃にやさしく温かい。

ああ まんどく。













tt1-P4251986.jpg

ごっとさん

大将 ママまた来るわ。

ありがとー。







■千野屋

住 所 大阪府岸和田市西之内町11-25
もしもし 072-445-0542
日曜休み
営業時間 21時ころ~26時ころ


関連記事


まっまさか!

千野屋の横のお店がママさんの!
前にココにご一緒そせてもらった時に
ちょっと酔ってたのでどっちの味か分かりませんでした・・・(;^_^ A
この中華メッチャ食べたい色合い♪
出し巻きもホントに美味しそうです。
(いっそん)
2012/05/03 | URL |(trip@L.GGTjjc)
編集



いっそん まいどーです。

いえいえ ママのお店は中央体育館の近所にありました。
イタスパやオムライスもうまかってん。
親父の代からのお付き合いでかわいがってもろてます。
今度また一緒にいきませんか?
(岸和田市民)
2012/05/04 | URL |(trip@-)
編集



OKです♪

中央体育館の近所??
どこやろv-236
ココの前通る度に千野屋と先輩のイタリアンご一緒したの思い出しますヾ(≧∇≦)ゞ
ぜひまたご一緒させて下さい♪
(いっそん)
2012/05/04 | URL |(trip@L.GGTjjc)
編集



私もスジはかったいのんが好きです♪

出汁巻きほんま美味しそうやわぁ~
(めーめー)
2012/05/04 | URL |(trip@-)
編集



管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2012/05/04 | |(trip@)
編集



いっそん まいどーです。

了解です。
いこいこ。 
みよちゃん元気なんかな。
(岸和田市民)
2012/05/05 | URL |(trip@-)
編集



めーめーちゃん まいどーです。

こないだは楽しかったわ。
ありがとね おみやげもいっぱいいただいちゃって恐縮です。
ここね 親父の代からのお付き合いなんで行くと昔話に華がさきます。
しっぽりほんわかええ雰囲気のご夫婦でされていてとてもなごみます。
今度来岸されたらでひいきましょー。
うちだんさんにもよろしくお伝えください。
(岸和田市民)
2012/05/05 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.