解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
まろんと銭湯 大将軍湯@泉佐野 (2011/07/29)


銭湯やでここ。

のれんかかってなかったらたぶん遊郭か(笑)。

しかしなかなかハードルは高い。

あんたもたんた入る?








なんとこの大将軍湯 今どき250円。

井戸水と廃材で焚いてるさかいやって。

060219_1507~0002

あつ!










060219_1509~0002

うめよ。

うめすぎたらなぁあ おっちゃんにおこられるでぇ。







060219_1501~0001

おおっ ええかんじや。

おっさん 風呂入ったなら 唸る。

なみの谷間にぃー命の花があぁぁあ~ とくりゃぁあああ

二つならんで咲いているぅう♪




060219_1509~0001

なつかしやろ 宣伝いりの鏡。









060219_1507~0001

きょーだいぶねは おやぢのかぁたぁみぃい♪









060219_1502~0002

かぁあたはふるいがぁあ しけにはつおいぃいい♪









060219_1521~0001

なぁ ハードルたっかいやろ?









060219_1522~0001

せやけどなぁ 開いてりゃ天国やで。









tt1-P7200476.jpg

さぁああ いんで へぇこいて ねよっと。

ああああ゛ そのまえに ちょいとだけのまなね♪


おれとあにきぃのよぉおお~~ ゆめのぉお ゆりかごさぁああ

ごせいちょー ありがとーごだいましたぁぁああ!!



でわでわ。


大将軍湯

泉佐野市本町13-14
0724-62-0277
16:00~21:30
[入浴料]¥250
[火.木.日定休]
P無し

フナやん ありがと。



鮒゜
ありがといわんで よろしでっせ

ちょーしのりたおしまっさかいに
(ひんでぼ)
2011/07/29 | URL |(trip@-)
編集



銭湯 このあいだ灘温泉へ行きました。
岸和田さんも行きはりましたよね。
昼間の銭湯、贅沢な気分です。
おっさんでも幸せになれる時間でしたわ。
(まさる)
2011/07/29 | URL |(trip@dvUYBDnY)
編集



ここは!! 近々行こうと思ってた大将軍湯だぁ~!!
先日、梅湯と桜湯を見に行ったら
すでに取り壊されててションボリなって帰ったところデス・・・
ハードル高めみたいなので外観だけでも拝見したいです♪
(to-fu-)
2011/07/30 | URL |(trip@-)
編集



うわぁ、これはプレミアもんですね!
外観もいいけど、風呂もめちゃくちゃいい感じですね。

宣伝入りの鏡、昔通ってた銭湯の、鏡の上に入ってた散髪屋の名前、思い出しましたわ。いつもその鏡のとこで洗ってたので(^^;)
何かめちゃくちゃ懐かしいような感じですね。
(さいちゃん)
2011/07/30 | URL |(trip@-)
編集



ひんでぼ まいどーです。

あはは そやな。
調子にのったらおもろいけどの。
(岸和田市民)
2011/07/30 | URL |(trip@-)
編集



まさるちゃん まいどーです。

ここの銭湯ほんまある意味秘湯。
一度よかったらおでかけください。
幸せ気分まちがいなしです。
ご案内しますよ。
(岸和田市民)
2011/07/30 | URL |(trip@-)
編集



to-fu-はん まいどーです。

えっ梅湯とりこわされたんですか?
なんと・・・。
アップしてないけど外観は撮ってあるんですよ。
ほんま くくくやわ。
(岸和田市民)
2011/07/30 | URL |(trip@-)
編集



さいちゃん まいどーです。

ほんま ええ意味で昭和。
マッサージ機も泣かせます。
やっとくの忘れてた。
あのねこの横の間口からええ風入るねん。
さいちゃんきっと気に入るわ。
ご案内しますよ。
帰りあさひ亭でいっぱいやりましょーよ。
(岸和田市民)
2011/07/30 | URL |(trip@-)
編集



遅くなりまして。 ちょっと熱めで入りましたが、
入ってみると、肌に馴染むのか?熱いのにもう少し浸かっていてもかまわない感じでした。

ママさん、パパさんの話が面白いです。いろんな裏話とか聞きました。
釜の写真、夕方一番なら撮影できるのですが・・・次回は撮らせてもらいたい♪(^^♪

・・・風呂も撮るのがくもってむずかし。
(フナエモン)
2011/08/02 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.