解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
こんな近くにええ温泉 山乃湯@犬鳴山温泉 (2011/07/08)


ええ天気やなぁ。

そーや フナやんこないだええ温泉紹介してたよなぁ















tt1-P6260867.jpg

途中 つばさが丘から。



















tt1-P6261022.jpg

これこれ この看板。

この道せんど通ってるのにでんでん気付かんかったよ。

かなり急なせばい道おりてくねん。















tt1-P6260875.jpg

おお ここや 大阪の秘湯。



















tt1-P6260876.jpg

山乃湯てかいちゃあーる。

まちがいないわ ここや。

たのもー!(道場破りか)

はい~ こっちですよ。

入線料700円也を払いさっそく ゆゆゆ。











tt1-P6260879.jpg

おおおおっつつつ。

声でるわ おっさんや しゃーないやんけ。

おっさんは湯船つかったら おおって 声ださんならんもん。

おまけに貸切やし おもくそ おおおっーや。

ええ湯や。

ひとことでゆーたら にゅるにゅる。

風呂んなかでかだらこすったら にゅるにゅる。






tt1-P6260881.jpg

貸切やしおもわず歌も口ずさむちゅーねん

・・・エコーきいてるしー。

ひとつでたほいの~♪















tt1-P6260880.jpg

これが源泉か。

硫黄のにおいするわ。

この湯が近くのおっきな温泉にいってるらしー。















tt1-P6260911.jpg

ここが休憩所。

おばちゃん一人で守してる。

ええ風はいるで~

扇風機もいらん。













tt1-P6260908.jpg

やまちっかあー。

そりゃそーや やまんなかや。

それでは ぱのらまびゅーをどぞー。















tt1-P6260909.jpg




















tt1-P6260910.jpg




















tt1-P6260884.jpg

ここな 用意できるんは釜飯だけ。

見て知ってたんでローソンでこーてきた。


















tt1-P6260882.jpg

ぷっふぁああーー

これまた声でるな おっさんの特権。

声だしたらな 温泉はきもちよーなるし

ビールはうまなんねん。

知ってる?

おれ 最近悟りました(笑)。










tt1-P6260924.jpg

風呂のしたには川流れてるねん。

ええな 家族で。

















tt1-P6260935.jpg

ねーちゃん まってぇー

はよおいでぇー こっちやで。

















tt1-P6260937.jpg

おおっ ぼく 頭とぱんつとおそろいやね。



















tt1-P6260929.jpg

あなたも川に足をつけにきませんか。

気持ちええよ。






たぶん。



◆犬鳴山温泉 山乃湯
泉佐野市大木2234
0724-59-7015
10:00~18:00
[不定休]
[入泉料]¥700
Pナシ
(※山乃湯湯元温泉荘の駐車場があり、断ってとめるならOKです)
[宿泊]本館「湯元温泉荘」(浴場は別) 072-459-7515 でお問い合わせ下さい。
[交通]JR日根野駅・南海泉佐野駅から南海バスで「犬鳴山」行き(約20分)終点下車、徒歩3分
(フナエモンとっからぱくった すまん)

関連記事


こりゃ、単車乗りしか普通行きにくいわなぁ。
最近、釜飯食べたくてしゃーないです。どっかエエ店おせーてくらはい。
(おかぴぃ♪)
2011/07/08 | URL |(trip@-)
編集



うぉ~ ここ行きたいっす!
帰ってからの反省会が楽しかったりして(笑)
(いわお)
2011/07/08 | URL |(trip@H6hNXAII)
編集



ここえぇですよね。釜飯頼んどいてから入って、食べてからもっぱつ入ったらまた違うこえでます(笑)

このうんと手前の『ふじわら』いう焼肉屋さんにも山の水沸かしたえぇ風呂ありますよね。
(よっちゃん)
2011/07/08 | URL |(trip@-)
編集



濡れ髪のべっぴんさんと昼ビーでっか?ええですなぁ・・・・
(おかぴぃ♪)
2011/07/08 | URL |(trip@-)
編集



でんでん 南葛城制覇中?(笑)
梅雨明け宣言出ましたね♪
青い空が光ってます。
不動尊の滝で修行しますか?(笑)
夏なら気持ちいい位です(*^^*)

記事なんや、使えるもんあったらなんぼでも使うて下さい。ぜんぜん減るもんちゃいますから。と言うか「使って頂いて嬉しい」ですわ!!
(フナエモン)
2011/07/08 | URL |(trip@-)
編集



あれま!?…。
「フナエモン」さんとも、お知り合いでしたか…。
ここは、大分前から、チェック入れてたとこです…。
今年中には行けるかな…。



(azuking)
2011/07/08 | URL |(trip@-)
編集



灯台もと暗しというか、近すぎるというか… 年に300回以上は往復してたのに一回も行ってないんすよね。
もはや、目つぶっても走れる道だけに(笑)


(いいんちょ~)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



おかぴぃ♪ちゃん まいどーです。

でかい車はしんどいかもね。
けど普通に行けるよ。
釜飯かぁ おれもおせてほしいねん。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



いわおちゃん まいどーです。

ここね 持込できるから
いろんなモン持ち込んで自慢会もおもしろい。
なんやかんやゆーてもわいわいやるんがおもろいな。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



よっちゃん まいどーです。

釜飯もこのシチュエーションで食えばうまいやろなぁ。
ふじわらって風呂はいれんの?
よーいってはる人にきいとこ。
ええやんな 焼肉→風呂。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



おかぴぃ♪ちゃん まいどーです。

おれかて 温泉ぐらいつきおーてくれるべっぴんさんおるで。
あはは ええやろ(笑)。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



フナやん まいどーです。

んまええとこやね ここ。
気に入ったよ。
鄙びた感がええわ。
温泉荘もええね どっぷりでけそーやもん。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



azukingはん まいどーです。

フナやんによーあそんでもろてるよ。
かわってるけどにくめんええやっちゃ。
ここ でひ おすすめです。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



いいんちょ~ まいどーです。

んまそーやね。
でも毎日通ってたら入らんもんやな。
けど そのへんのスパ銭なんかくらべもんにならん。
このまったり感といごこちのよさはでひ体感ください。
(岸和田市民)
2011/07/09 | URL |(trip@-)
編集



犬鳴山温泉 犬鳴山温泉って聞くんですが泉佐野にあったんですか。
こんな一日過ごしたいなぁ~、もうそろそろのんびりしたい。
(まさる)
2011/07/09 | URL |(trip@dvUYBDnY)
編集



まさるちゃん まいどーです。

ここやったらなんぼでもお供するで。
いっぺんゆっくりでかけてきてね!
(岸和田市民)
2011/07/10 | URL |(trip@-)
編集



岸和田市民さん はじめまして。

まろ炒はぼくのバイブルです。
岸和田市民さんが旨いと書いてるお店はほんとはずれがありません。
弟子入りしたいです。
旨いもんとちょっとだけ彼女。
かっこええです。
これからもよろしくおねがいします。
(ひろし。)
2011/07/10 | URL |(trip@-)
編集



ひろし。はん はじめまして。

そないゆーてもろたらおれも本望です。
えへへ かっこええですか? 照れちゃうなぁ
そんなんゆわれたことないしー。
でもうれしーな ありがとーございます。
これからもまろんと炒飯をよろしくおねがいします。
(岸和田市民)
2011/07/10 | URL |(trip@-)
編集



以前この温泉地区にある旅館のお湯に入りに行きました。

ここのお湯、にゅるにゅるでいいですよね~

湯から上がった後
美人になった気がしましたわ (殴打)
あくまで、気がした・・。

又、行ってみたいですわ。

景色もいいし・・

蛍も大量に飛んでいるみたいですね。
(とのぴ〜)
2011/07/12 | URL |(trip@-)
編集



とのぴ〜ちゃん まいどーです。

ここのお湯ええでしょ
またこの鄙びたんがそそられるねん。
んま女性はますます美しくなるんとちゃう?
蛍も情緒があってええね。
(岸和田市民)
2011/07/18 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.