FC2ブログ
解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
ちょっと温泉 バイクでほの寺 (2011/06/24)


仕事を終えてから180度自分を変える。


















tt1-P6200425.jpg

水間寺


















tt1-P6200440.jpg




















tt1-P6200444.jpg




















tt1-P6200447.jpg




















tt1-P6200462.jpg




















tt1-P6200471.jpg




















tt1-P6200475.jpg




















tt1-P6200476.jpg

ほの字の里 天然温泉で汗をながす。




















tt1-P6200483.jpg

山の上だけに日が暮れると風が気持ちよい。

うそのよーに汗がすっとひいてゆく。

















tt1-P6200487.jpg

平日にこんなことができるのはでいたくやね。

ちょっと走って600円で天然温泉いれてもろて

ホッとしてクールダウン。

天然温泉 天然クーラー おれ ど・天然。













tt1-P6200488.jpg




















tt1-P6200493.jpg

頬をなでる山の空気が気持ちよく

エンジン切ってしばしの静寂をたのしむ。

















tt1-P6200491.jpg

ありがとー おかえります。


関連記事


ほの寺 あっこ、場所的に好きですね。
温泉パンフレットで判明したんですが、ほの字→ほのぼの と読んで欲しいそーです。
蕎原→そぶら も読めなかったでし。
(フナエモン)
2011/06/24 | URL |(trip@-)
編集



ほの字の里いってきたんやー。
空いてたら最高よね。あそこ。。。。休日は芋洗いというか、ボルシチ気分になるけど・・・・><
そぶら山荘も行ったけど結構良かったよー。偶然あそこのハゲのお爺ちゃんが某国営放送局でディレクターやってた人でね。色々楽しい話聞かせてもろと。バイクならハイランド越えですぐ和歌山遊びに来れるさかいにぜひどーぞ。
(おかぴぃ♪)
2011/06/24 | URL |(trip@-)
編集



ちっさいですがぼくもバイクに乗ってましてこのへんはホームコースです。
バイクの調子を見に馬場→蕎原→塔原→河合→木積→馬場の20kmぐらいを走ります。
でもほの字の里はいたことないです><
(よっちゃん)
2011/06/24 | URL |(trip@-)
編集



フナやん まいどーです。

あはは なんぼなんでもほのぼのとは読めんよな。
でもあの廃校の物悲しさも手伝って雰囲気あるね。
ええ湯やった。
(岸和田市民)
2011/06/25 | URL |(trip@-)
編集



おかぴぃ♪ちゃん まいどーです。

きのうたまたま休みになったんで
葛城山越えて和歌山入りしてきたよ。
手袋してなかって顔も手もまっかっか。

ちゅーかね
野半の里ってええ温泉やね。
地ビールもうまかった。
平日やったし貸切みたいに堪能したよ。

(岸和田市民)
2011/06/25 | URL |(trip@-)
編集



よっちゃん まいどーです。

あのへん単車で走るんはほんま気持ちええよね。
木々の間ぬって走るみたいな・・・。
温泉もよかったし。
またちょろっていてみるわ。
(岸和田市民)
2011/06/25 | URL |(trip@-)
編集



野半の里ええでしょー。僕もよう行くんよ。なにやら温泉の成分が有馬の次に濃いとかやて。元々造り酒屋やって(今でもしてるけどw)、ええ水来てるんよね。あの辺りは・・・・
ちなみに単車乗るときは手袋と長袖でたのんます。これ、単車乗りの安全不文律。
(おかぴぃ♪)
2011/06/25 | URL |(trip@-)
編集



おかぴぃ♪ちゃん まいどーです。

うん 書いてたわそれ。
湯も雰囲気もよかった。
単車はね もちろん露出は最小限にしたかってんけど。
こーたグローブちさすぎたねん(アホ)
つけてすぐはええねんけどだんだんしまってって・・・。
買いなおさんとあかんねん。
(岸和田市民)
2011/06/26 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2020. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.