解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
ギッシュでムッシュ チャンピオン@橋本市 (2011/06/18)


ええやん。

カポってせんでもええねけど。

















t-P6020986.jpg

なんにしょ。

ってお見通しやんね。


















t-P6020987.jpg

焼めし。




















tt1-P60209901.jpg

ギッシュやねんけどなたまごの使い方がストライク。

結構濃い味やねんけどやねんけどなたまごの使い方がストライク。

そそ たまごの使い方が的をいてる。

ふぁっと感もかもしだしてんねん。

たまごってえらいな。











t-P6020993.jpg

焼そば。

これもギッシュで濃い味。

けど炒がよいのであちちで軽い。

ガンッてくんねん。

海鮮はプリッと野菜シャンと。

濃くてギッシュのに口に運ぶんが楽しい。

中華の炒のツボ。







t-P6020996.jpg

麺はおもくそ細いタイプ。

ええね。

もっとたっかいとこまであげといちゃろ。














t-P6021001.jpg

また来ようっと。



ごっとさん。



■チャンピオン 橋本店

住  所 和歌山県橋本市野218
もしもし 0736-33-5519
定休日  こんだぁ聞いとくよ


関連記事


まいど~!!
いつも気になってるお店に視察に行ってもろて申し訳ないです。(笑)
(そないに気ぃ使てもらわんでもいいのに(笑))
そうですか。あの新しい店はなかなかやりますか。黒龍苑と比べてどっちがギッシュで濃い味でしょ?あさひ亭(おいしかった!!情報感謝です!!)と比べて総合評価はどないなもんでしょ?また教えてください。
ではでは
(azuking)
2011/06/18 | URL |(trip@-)
編集



azukingはん まいどーです。

24はよく通られますか?
この通り気になる店がいつぱい。
そーゆや黒龍苑と感じがよくにてるかも。

あさひ亭はこないだメニューが増えてました。
それもニンニク炒飯。
何たべられました?
またレポしますね。
(岸和田市民)
2011/06/18 | URL |(trip@-)
編集



管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2011/06/18 | |(trip@)
編集



メニューよりも被写体の向こうで「ズームイン!朝」の背景みたいなポーズの女の子は一体誰ですねん?!(爆)
(おかぴぃ♪)
2011/06/18 | URL |(trip@-)
編集



メニューよりも被写体の向こうで「ズームイン!朝」の背景みたいなポーズの女の子は一体誰ですねん?!
(おかぴぃ♪)
2011/06/18 | URL |(trip@-)
編集



ツボって笑いながら打ち込んだらダブってしもた。。。↑
(おかぴぃ♪)
2011/06/18 | URL |(trip@-)
編集



おかぴぃ♪ちゃん まいどーです。

あはは 店のおんなのこちゃうかー。
(岸和田市民)
2011/06/19 | URL |(trip@-)
編集



ご無沙汰です。  あれから時々拝見してます。
ほんまいろんな、おいしそうなところご存知ですね。
 
 それに写真が上手です。
構図や目の付け所がいいですね。

 僕も写真やってますが、ほんま接写や風景どれもばっちしです。
(てつや)
2011/06/19 | URL |(trip@K4hmh3UY)
編集



てつやくん まいどーです。

ありがとーございます。
せやけどただのくいしんぼなだけですよ(笑)。
尾道独特の雰囲気がありますね。
リンクさせてくださいね。
これからもまろんと炒飯をよろしくおねがいします。
(岸和田市民)
2011/06/20 | URL |(trip@-)
編集



はじめまして。
実はこのブログの大ファンでございます。
さて、学生時代に橋本に住んでおり、このチャンピオンは大好きでした。
私の炒飯偏愛もここから始まった気がします。
また遊びに来ますね。
(いちち)
2012/05/18 | URL |(trip@-)
編集



いちちはん はじめまして。

いつもありがとーごだいます。
ゆっくりしてってね。
ここ癖になる味やね なんとなくわかります。
24沿い楽しいですな。
佐野の笑福亭やかつらぎの町役場の近所の西村 お付の焼豚やぎょーだも旨いよね。
(岸和田市民)
2012/05/19 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.