解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
ここの刺身ははんぱなくうまいどー 鳥楽@羽衣 (2011/04/15)





















t-P3172136.jpg

うしし!



















t-P3170128.jpg

おつき。

もーこっからうまいねん。


















t-P3170129.jpg




















t-P3170130.jpg

メニュー 見とく?



















t-P3170134.jpg

ここな ずっといきたかってんけどいつもいっぱい。

今日はたまたま入れた。




















t-P3170137.jpg

まずはこの包丁の切れ味をごらんください(笑)。

丁寧な仕事はすんばらし。


















t-P3170138.jpg

脂ぎも。

ええ肝やぁ 角たってるし。

こりゃ食わんでも旨いのんわかるわなぁ。















t-P3170141.jpg

ささみ。

うとっくしい。


















t-P3170159.jpg

みてみてこのずり。

あははや。



















t-P3170147.jpg

さぁ 食うどー。

あはは こりゃたまらん。

こんなんはじめて もっちもちのむんにゅむにゅ。
















t-P3170148.jpg

これ一回付けただけやで。

どんなけ上質なあぶらかわかるよな。


















t-P3170160.jpg

焼きもんいっとこけ。



















t-P3170162.jpg

サラダ。

はっぱだけやのーて玉子はいってるんがありがたいな。

食いやすいねん。















t-P3170164.jpg

焼酎にしょ。

もやもや撮れてる?

















t-P3170165.jpg

肝。

おれ焼いた肝は苦手やったんやけどここのんはぐー。

くさみはいっさいないねん。

これはどーゆこと?













t-P3170171.jpg

かわかわ。

うひひ。

















t-P3170177.jpg

せぎも。

でっぴん。

まーいっかい食ってみ 言葉なくす。















t-P3170179.jpg





















t-P3170184.jpg

きゃんたま。

うっひょー。


















t-P3170187.jpg





















t-P3170191.jpg

もーなんもしゃべらんとこ。




















t-P3170192.jpg




















t-P3170198.jpg




















t-P3170203.jpg





















t-P3172135.jpg

しゅる~ぅ。

こぉおー。


















t-P3170127.jpg





ごっとさん。







■炭火焼鳥 鳥楽


大阪府高石市羽衣1丁目14−3

もしもし 072-266-6608

休み たぶん月曜 ‎



関連記事


やっとこさじょ(笑)
(でんぼ)
2011/04/15 | URL |(trip@-)
編集



でんぼ じゃあし(笑)
(岸和田市民)
2011/04/16 | URL |(trip@-)
編集



きしわださん まいどーです


でっぴん


うまいこのうえなく


つなぎみ かなん


せぎも しお て どーよ


にほんの ゆび はいるな
でったい かんでんに
(ひでぼ)
2011/04/16 | URL |(trip@-)
編集



ひでぼ まいどーです。

ここはすごかったな。
さりげなくほんまもんでてくるもん。
今まで食った鶏のなかでもまちがいなくトップクラス。
コスパもええよな。
(岸和田市民)
2011/04/17 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.