FC2ブログ
解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
大阪七坂を歩く 愛染坂の巻 (2011/02/19)


この坂は結構急な坂です。

この坂をずっとのぼったところに愛染堂勝鬘院があります。

愛染さんと地元では親しまれ愛染かつらの舞台にもなったところです。
















t-DSCF2063.jpg


















t-DSCF2062.jpg

他の坂にはないこの坂独特の趣があります。




















h-DSCF2074.jpg

ここが愛染堂勝鬘院です。

りっぱなお堂が見えます。

こちらは聖徳太子によって日本最初の社会福祉施設

施薬院として建立されたそーです。

施薬院(せやくいん)とは薬草を植え

貧しい人に薬を配布するところです。









t-DSCF2068.jpg




















t-DSCF2067.jpg

そのお堂の裏に突如現れる多宝塔。




















t-DSCF2065.jpg

この塔は一度焼失してしまい

慶長2年(1597年)に豊臣秀吉により再建されました。

それでも大阪市内で最古の建築物となっており

国の重要文化財に指定されています。

それにしても戦火から免れ木造で残っているのがすごいですね。











たかちゃんのにんに

ここで一緒にあるいてくれたたかちゃんが

つくってきてくれたにんにをいただきました。

めっちゃうまかった。

たかちゃん ありがとー。















h-DSCF2075.jpg

その愛染さんの西側には大江神社があります。

こちらもりっぱな本殿があります。

















h-DSCF2073.jpg




















h-DSCF2077.jpg




















h-DSCF2083.jpg




















h-DSCF2076.jpg

その境内には急で長い階段がのびていました。


百歳の階段(ももとせのかいだん)と読みます。

この階段は百一段あり 人生の区切り百歳よりあともう一歩

心も体も健康でありますようにと願いをこめて名付けられたそーです。


おれはいったい今何段目をのぼっているのやろか。


歳でゆえば下に見える踊り場にようやく足がかかっただけの

ひよっこやと思うと少し気が楽になったのと

いつまでもあほしてたらあかんなとしみじみと・・・。


あなたは今人生の何段目あたりを歩いていると思いますか。

長いですか みじかいですか。

これまで長かったですか。

これからのほうが長いと思いますか。


押したりひっぱったりひっぱってもらったり

あるときはおいてけぼりにしたりされたり・・・。

ひとりでは上り難いものですよね。




h-DSCF2080.jpg




















h-DSCF2084.jpg


大阪七坂 こんな坂どんな坂









関連記事


大阪再発見、 二十歳を過ぎて大阪を離れたボクにとって、大阪再発見の記事です。 
こんな良い場所有るって知りませんでした。
大阪の外に住んでいた期間の方が長いのに、自分が大阪人だということに、疑いを持ったことはないです。
人生の階段は、たぶん残りの方が短いですが、まだ、何十段かは残っているので、皆に助けられて、また助けて登っていきたいと思います。(^^;)
ガクチ
2011/02/19 | URL |(trip@mjLbdPQ.)
編集



ガクチはん まいどーです。

そーですか。
大阪離れてからのほーがながいのですね。
でもそのお話よくわかります。
多感な時代は短い期間であっても植えつけられるものは深いでしょーし
まして生まれ育った街はかだらに心に深くきざまれていることでしょー。
ガクチはんはまちがいなく大阪人です。
おれは大阪それも岸和田から離れたことがありませんがもし離れらなあかんよーになったら・・・。
ちょっと想像できません。
おれも残りの階段は今までよりは短いかもしれませんが
一段一段だいじに上って生きていきたいと思いました。

(岸和田市民)
2011/02/20 | URL |(trip@-)
編集



愛染さん 根っこまで絡み合ってる木、ありませんでしたか??
縁結びに利くと聞いたので、一時期
よく拝みに行ってました。

お札も買いました。

ご利益は・・・・見ての通りです。。涙
(とのぴ~)
2011/02/21 | URL |(trip@-)
編集



岸和田はん まいどです 雪が降ったり天気になったりでお年寄りには辛い時期ですけど、おかあさん元気にしてまっかー  うちのおかんは猫みたいにまるうなってテレビばっか見てますわ(笑) 
ところで百歳の階段てなんと含蓄のあるえー名前やねぇ 自分なんか一段一段を無駄にして一足跳びしたりつまずいたり転んだりで・・・ 人生昇りもあれば同じように下りもあるし これからは ええ事を思いながら前向いて登り切りましょう いけるとこまで!そんな気持ちにさせてもらいました ありがと
(加守町民)
2011/02/21 | URL |(trip@-)
編集



とのぴ~ちゃん まいどーです。

それって愛染かつらやね。
おれ気ぃつかんかったよ。
ご利益はこれからかもよ。
縁なんてわからんもんや。
(岸和田市民)
2011/02/21 | URL |(trip@-)
編集



加守町民はん まいどーです。

ありがとー。
うちおふくろは今はだいぶ元気なってんけど寝てばっかりや。
もっとひっぱりだしてあげんとあかんのやろけど・・・。
階段なぁ
ともかく上向いてのぼらなしゃーない。
下見たり振り返ってたらきりないもん。
せやね行けるとこまで行く。
それしかないもんな。
(岸和田市民)
2011/02/21 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2020. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.