解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
紀の国の旅 エピローグの巻 (2010/11/30)


なんとも重厚な土蔵が目にはいりました。


吸いらせられるかのように・・・。





ごめん ちょっと停まってもええ?

思わず車を停めました。






s-DSCF9833.jpg

すごい落ち葉。

ひさしぶりやわ こんな感覚。

足の裏が落ち葉の重なりに落ち込んで生きます。

サクッサクッ。

なんとも心地のよい音と足裏の感触。













s-DSCF9844.jpg

その落ち葉の主はこの欅(けやき)。

樹齢 優に300年は超えているのでは・・・。




















s-DSCF9826.jpg

この落ちた壁に歴史を感じます。

それにしてもすごい蔵。




















s-DSCF9825.jpg

その並びの本葺きの瓦の並びの低い屋根の上には





















s-DSCF9828.jpg

自然の草花が繁り






















s-DSCF9832.jpg

只者ではないであろう家主の影を勝手に想像してしまいました。

しかし すごい。




















s-DSCF9843.jpg

こんな蔵 並みの富では築けない。






















s-DSCF9846.jpg

さあ 戻ろうと 視線を来た道へ返すと

ゆりりんこ。ちゃんがいません。

何処へいったのか知らん。
















s-DSCF9847.jpg

その瞬間すごい景色とゆーか この門構えにでくわしました。

思わず おおおおっ・・・って声がでましたよ。

燃え盛るよーな紅葉が目の前に。
















s-DSCF9858.jpg

右手のほうには洋庭がひろがっております。






















s-DSCF9856.jpg

どーやら バーベキューのテラス。

しかし だれが こんなシチュエーションを想像できたでしょうか。



















s-DSCF9862.jpg

石段。

一枚一枚が絵画のよーです。

これは踏めません。

















s-DSCF9866.jpg

おった ゆりりんこ。ちゃんや






















s-DSCF9865.jpg

このコントラストに打ち抜かれます。

濃い緑に銀杏の枯れ黄 その上に紅葉。

それにもときの重なりが見えます。

















s-DSCF9869.jpg

ことばをなくします。

どれくらいの時間見入っていたかもおぼえていません。

1分のよーな1時間のよーな。

時間なんてどでもええよーに思えてました。

















s-DSCF9875.jpg

ふーっと深い息をしていたら どこからともなく

作衣を着られたかたがすっと現れ

シマちゃんとなにか語っておられます。
















s-DSCF9876.jpg

そこはかとなく導かれていきました。






















s-DSCF9879.jpg

おれはこのもみじに胸きゅんで虜に。

夢中でシャッターを切っていました。




















s-DSCF9889.jpg

くもの巣にひっかかった葉っぱがまるで

時間が止まっているよーな錯覚を覚えます。




















s-DSCF9890.jpg

どーやら このお屋敷を案内していただけるみたいです。























s-DSCF9892.jpg

しかもおれ達4人だけで貸切のようですよ。























s-DSCF9893.jpg

でわ







































s-DSCF9821.jpg

すべてはこの日ここから始まりました。

すべて時間が空間が場所がかさなりあって。




















s-DSCF9819.jpg

その理由はまた次回詳しく。

ほんのエピローグなんですよ。

ねっ かずのこさん。





物語は続きます。






関連記事


全ては… まさかの旅情でした♪
まるで何かに導かれるように
運命の糸か誰かに仕組まれた一日d(-_-)
そう!この物語は神仏が導いた落とし物から始まった
でわ!ブログの進行共に不思議な物語で再見♪
(香港系☆シマちゃん♪)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



春の桜の美しさが、浮かれたような、どこか胡散臭さを持っているのに対して、
秋の紅葉の美しさには、空気の冷たさと相まって、凜という漢字が似合いますね。

ええ旅をしてきやはったんですね♪

ガクチ
2010/11/30 | URL |(trip@mjLbdPQ.)
編集



岸和田さん 色鮮やかな落ち葉、どれも絵になりそうな景色ですね。
シマちゃんが色んなブログに登場してくるのでオモロイです(笑)
(まさる)
2010/11/30 | URL |(trip@dvUYBDnY)
編集



きっしゃだのおっしゃん、まいどーです。
落ち葉の絨毯・・・そんな光景久しく目の当たりにしてません。
シマおっちゃんの後ろ姿は、よぅー見るような気がしますが(笑)

(ゆかぼ)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



僕もアメリカの南国住まいで
全然キリスト教徒とかやないけど
今は廃屋みたいな、教会とかみると
なんかしみじみしてします。
それなのにその前でたばこに火つけて
分かってもないくせに、その教会が
賑わってた時のことを想像します、
あとは、ずーっと昔に、日本からの
移民が低賃金で働いたであろう
サトウキビ畑なんかも無償に行きたくなったり、夕方に夕日をみにいったり
なんか、いいんですけど、
いろいろ考えさせられます。
今はリゾート地なハワイなのに
一昔までは、奴隷的な労働と強いられてたとか、、、
ん。。。。。すんませんわけわらかんで。。。
あともし、来週あたりにチケットが安く取れれば一時帰国しようと思います。
もしほんとうにそうなったら
またご連絡いたしまする。

(トモ)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



香港系☆シマちゃん♪ちゃん まいどーです。

ほんとこれは偶然ではなく必然やったかのよーな一日でしたね。
そー その落し物からはじまった。
いえいえ だれかさんの朝帰りからはじまっていたのですよ。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



ガクチはん まいどーです。

そーですね。
春はこれから温くなる。
秋は寒くなるから気の持ちようがちがいますね。
寒さを迎える覚悟みたいな。
春は揚揚として秋は凛としてといったところでしょうか。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



まさるちゃん まいどーです。

シマちゃんあちこち登場してますね(笑
いやはや彼の行動力には脱帽です。
落ち葉をこんなに眺めたことはありませんでした。
人生も落ち葉になってゆくのでしょーね。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



ゆかぼちゃん まいどーです。

あはは一瞬誰かおもいましたよ。
ゆかぼて(笑
あはは なるほど へでぼにゆかぼか。
今お返事書いてて気がつきました(まぢ
たまには落ち葉を歩いてみてくださいよ。
素面で・・・(爆
おねいさん。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



トモくん まいどーです。

今あなたのコメントでどこまでも広がるサトウキビ畑で
もくもくと作業を続ける日系人たちを想像してみました。
過酷な作業が毎日朝早くから続いたのでしょーね。

ハワイかぁ 行ったこたぁないんで行ってみたいなぁ。
勝手に360度の水平線をイメージしてます。
でひご帰国の際はご連絡ください。
おれも一度お会いしてお話がしてみたく。
しゅるで一杯やりましょー。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



色の鮮やかさだけでなく~温度・香り
音まで伝わってくるようです(*^_^*)
いい写真ですね
(だいま~る)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



岸和田市民はん まいどです
いつも市民さんの写真に癒されてます。
今回も秋の気配が空気まで写真を通じて感じます。
秋のおすそわけを頂きました。
おごっとさん!
(加守町民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



そうそう、落し物?から! 岸和田市民さん!お疲れ様でした。
でも、こうして、カメラで撮られたのを見たら
私たちはすごくなんとも言えない世界にタイムスリップしていたんですね。
今回もほんと、神様ていてはるんやなと実感しました。
でも、それでも、カメラマンがいいからですよ、その時の状況がそのまま伝わっています。
私もあの石畳に楓の黄、もみじの赤が重なり合ったあのコントラストが忘れられません。
これは、保存版ですね。
ありがとうございました、重ね重ね、お礼申し上げます。
(かずのこ)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



楓の黄じゃなく・・・ またまた、岸和田市民さん。
すみません、楓じゃなくイチョウ葉の黄でしたね。ところで楓でどんなでしたっけ?もみじのことでしたか?
(かずのこ)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



まいどです~♪ ちょいと以前、くらの改修してました~♪

ここまで、でっかくはないですがね♪v-410
(てんた)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



だいま~るはん まいどーです。

ありがとーございます。
なんとか伝えたいと無我夢中でした。
そこまでくみ取っていただき本望です。
一生懸命撮ったかいがありました。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



加守町民はん まいどーです。

癒されていただけましたか。
いつもありがとーございます。
たまにはしっとり秋満喫もええもんです。
まだまだ間に合うと思いますのでって師走になりましたが
どーどおでかけしてみてください。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



かずのこさま まいどーです。

おつかれさまでした。
いえいえはじまりは誰かさんの朝帰り(笑
自分が親にならないとなかなかわからないと思いますよ。
でもほんと満喫できましたねぇ。
いろんな必然も重なり合って‥‥。
あの景観にはほんと言葉がなかったですね。
カメラマンは気の向くままシッターをきってました。
あの景色は勝手に絵になりますよ。
でもあの石畳はいちばんのお気に入りです。
かずのこさんもそーでしたか。
くいしんぼのおれがおなかが減ったのと
時間を忘れてたくらいですから(笑
楓ともみじはおなじ意かと。
でも もみじのほうが好きですわ。
秋の夕日に照る山もみ~じ♪

まだまだ続きますよ。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



てんたはん まいどーです。

くらの改修されてましたか。
このお屋敷は一人でこつこつ改修されたとか。
ほんと頭が下がります。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集



めっちゃ秋してる 秋感じるわー
秋は人をロマンティックにさせるね
(よっちん)
2010/12/02 | URL |(trip@-)
編集



まだ、誰も足を踏み入れてない紅葉の絨毯。
古く立派な蔵。
写真を見てて風を感じました。

きしわださん、写真だけでもこれだけ伝わってくるのやから、実際はさぞかし凄かったでしょうね。

ホンマ、ええ季節です。
(さいちゃん)
2010/12/02 | URL |(trip@-)
編集



よっちん まいどーです。

そやね 秋はおやぢもロマンチック。
秋セよ乙女やんなぁ。
エキゾチック。
(岸和田市民)
2010/12/02 | URL |(trip@-)
編集



さいちゃん まいどーです。

ほんま うわうわっと 喘ぎ声だけ・・・。
ここはね 桃源の郷 宮折 耕心院。
今週やったらまだいけるよ。
よかったら おでかけくださいね。

(岸和田市民)
2010/12/02 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.