解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
晩秋のエピローグ (2010/11/29)


すばらしい晩秋にであえました。

それも偶然に。

こんなことってあるのでしょうか。
















s-DSCF9867.jpg

こんな おれでも 詩をもかきたい気分です。

興奮で胸がときめきました。




















s-DSCF9988.jpg

少し気を静めてゆっくりかきたいと思います。

ごめんなさい しばらくお待ちください。

伝えたいけど伝えきれないとくやしいので・・・。















関連記事


きしわださん まいどーです

値打ちコキましたね親分(笑)m(__)m
(歯でぼ)
2010/11/29 | URL |(trip@-)
編集



二枚目の写真が、ちらし寿司に見えてしまうのは、食いしん坊だからか・・(笑)
(いわりん)
2010/11/29 | URL |(trip@H6hNXAII)
編集



旅愁 旅愁 旅情 哀愁の晩秋♪
人工美が自然に合う一服画♪
ええもんですネ
ありがとう(^-^)v
(香港系シマちゃん♪)
2010/11/29 | URL |(trip@-)
編集



きしわださん、まいど~です。
きしわださんが書く詩って、どんなでしょう。今度記事にして下さい♪
(ゆかり)
2010/11/29 | URL |(trip@-)
編集



同じ日にいた京都より 遥かにキレイな紅葉…

うーむ… 吐血してもいいですか?(笑)
(いいんちょ~)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



歯でぼ まいどーです。

いやいやほんまそれだけ感動したちゅーこっちゃ。
クラクラきたで。
(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



いわりんはん まいどーです。

あはは それはまちがいなく。
んで 下のんはお酒にみえるやろ(笑
おれだけか。
(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



香港系シマちゃん♪ まいどーです。

ほんまうわって声がでたね。
こんなとこまだあるんや。

こちらこそ ありがとーございます。
(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



ゆかりちゃん まいどーです。

詩でも書きたかったけど んながらでもないし
気の利いた言葉もみつからんし(笑
才もなし。

ありがとね。
(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



いいんちょ~ まいどーです。

京都もええけど きぇらい人やろ。
特にこの季節はね。

吐血はせんといてね(笑
(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



秋ね・・・
黄土色の中に赤が映える・・

もっと、綺麗な表現ないんかい!!(爆)
失礼しました・・

寒かったのでは??
(とのぴ~)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



うわぁ、見事ですね!
続きも楽しみです。

紅葉の写真撮りに行きたくなってきた・・・
箕面の勝尾寺の紅葉が綺麗らしいので行ってみよかな・・・でもちょっと遠いなぁ。
(さいちゃん)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



とのぴ~ちゃん まいどーです。

黄色の上に紅。
時の移ろいがあるでしょー。
秋やね。
(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



さいちゃん 夢中でシャッターをきりました。

自然はいっぱい語りかけてくれます。
その半分もきづいていなんとちがうかな。
でもいっぱい撮りました。

(岸和田市民)
2010/11/30 | URL |(trip@-)
編集



岸和田さん 季節の移り変わりを感動しながら見ています。
このような自然は残しておきたいですね。
(まさる)
2010/11/30 | URL |(trip@dvUYBDnY)
編集



まさるちゃん まいどーです。

ありがとーございます。
なんか夢の中で夢を見ているかのよーでした。
ほんと大切にしないといけませんね。
(岸和田市民)
2010/12/01 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.