解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
なんぴあんかんのんじ (2015/11/11)


しっぽり紅葉
なんでわざわざこの時期に京都
なんて思いますね









DS8_8738-1.jpg















DS8_8645-1.jpg

ここをはじめて訪れたのは3年前
バイクでツーリング中にたまたまみつけたのですが
その美しさに言葉をなくしました

昨年もおじゃましたのですが
時すでに遅く庭の枯葉はきれいに
掃き集められていて残念な気持ちに








DS8_8634-1.jpg

ことしはまだ早いと思いつつ
もしかしてと走らせてみると
2本のもみじがとてもいい色になっていましたよ












DS8_8652-1.jpg















DS8_8657-1.jpg

楠妣庵

楠木正成の正室久子が夫や子ら
そして一族や郎党たちの菩提を弔い
寂寥の余生を送ったところです










DS8_8661-1.jpg

菊水紋

正成が後醍醐天皇より授かった菊紋が畏れ多いと
水を加えて楠木家の紋にしたと聞いています











DS8_8761-1.jpg

訪れる人も少なく
しっぽりと秋の風情をを芯から楽しめますよ













DS8_8755-1.jpg















DS8_8807-1.jpg















DS8_8812-1.jpg















DSC_8389-1_20151111051319cd7.jpg

楠木正成

岸和田市堺町地車 泥幕より
桜井駅の別れ

父正成は死を覚悟し 湊川の戦場へ
帝より下賜された菊水の紋が入った短刀を息子正行に授け
今生の別れを告げ正行を河内へ帰す







DS8_8795-1.jpg

生き残って いつの日か朝敵を滅せ
正成は告げた

勝てるはずもない戦に敗れ
変わり果てた父正成の首級をみて正行は
その菊水の短刀で自害しようとしたところ
父正成はなんのために正行 あなたを残したのかと
久子がたしなめ励まし諭す







DS8_8750-1.jpg

正行は成長して四條畷の戦い足利尊氏の腹心・高師直と戦ったが
楠木軍は足利方の圧倒的な兵力の前に敗れ
弟の正時と刺し違えて自決




■峰條山 楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)

住  所 大阪府富田林市甘南備1103
もしもし 0721-35-5161
関  門 9:00~17:00 季節による変動あり
入山料   大人200円  子供100円

紅葉はたぶん今週末が見ごろ
落ち葉重ねは20日頃

いいですよ 楠妣庵
しっぽり つつまれてください


関連記事


いつもいい情報をありがとうございます。
明日、大雨でなければ見に行って来ます。
先週末泉南のバラ園行ってきました。
少し散りかけてたけど、まだまだ綺麗でした。
なによりあまり人が多くないのでよかったです。(^-^)
(のっこ)
2015/11/15 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集



のっこちゃん まいどーです。

裏の参道(車で行ける方)はすべりやすいので気を付けてくださいね。
また感想きかせてください。
(岸和田市民)
2015/11/15 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.