解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
岐阜へいてきました (2015/11/02)


宿は江戸時代から続く由緒ある十八楼
ええお湯でした
おっさんは早くに目が覚めまして
布団をぬけだし趣のある川原町のまち並みをお写んぽ








DSC_9104.jpg

玉井町
昔ながらの町灯りや格子戸の佇まいに魅かれて
ぶらぶらり












DSC_9105.jpg

観光の町でありながら
こんな時間に歩いている酔狂は

あ いはりましたね










DSC_9111.jpg

いにしえの時代にはもちろん生まれてないのに
なにかなつかしい気持ちになりませんか













DSC_9181.jpg

長良川

川面に映った朝焼けは
ため息がでるほど美しく豊満で
しっぽりと身と心を癒してくれます








DSC_9159.jpg

残念ながら鵜飼の季節は終わっていましたが
その観覧船が何艘も繋がれておりました
雰囲気だけでもお楽しみくださいね(笑)












DSC_9139.jpg

岐阜公園

入り口には天下取りに野望を燃やした
信長の若き日の銅像が
個人的にはあまり好きではないんですが
まあええか
女性好きのゆかりの人やしの
びんぼにんとおんなにはやさしかったそうな







DSC_9151.jpg

金華山に後光が射してきましたよ


関連記事


美しい、、

ご馳走様です!
(愛読者)
2015/11/04 | URL |(trip@-)
編集



愛読者さま 

ほんとにコメントありがとうごだいます。
弊ブログ炒飯以外は人気がないので
スキップできるぐらいうれしいです。
これからもまろんと炒飯をよろしくお願いいたしますね。
(岸和田市民)
2015/11/04 | URL |(trip@-)
編集



此処は岐阜のどこら辺ですか(^^;)

私は飛騨高山にしか行った事が無いので判りません。
この街並みが高山の観光地に良く似ています。
なんとも清々しい朝の風景ですね。

栗きんとんが名物でしたよ。
高いけど買ってね。

(営業マン)
2015/11/04 | URL |(trip@-)
編集



営業マンはん まいどーです。

ここは岐阜市内 長良川温泉界隈です。
しっとりとしたええ町でした。
機会があれば鵜飼の時期にでひお訪ねください。
おみやげは関の包丁と明宝ハムにしましたよ。
(岸和田市民)
2015/11/05 | URL |(trip@-)
編集



あの「関の孫六」で有名な所ですね。

「明宝ハム」は泉北高島屋でも買えますよ(^^)
包丁はわが町 堺のライバルですね。

黒ゴマを飴で固めた和菓子が母には評判良かったよ。
(営業マン)
2015/11/06 | URL |(trip@-)
編集



営業マンはん まいどーです。

パンジョで何回か買いましたよ。
あと北花田の阪急でも買えますね。
御座候といっしょにね(笑)
(岸和田市民)
2015/11/07 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.