解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
菊池渓谷 (2015/07/19)
DS8_7321-1.jpg

黎明の滝

まず迎えてくれたのは黎明の滝
川上は水煙が立ち上りとても幻想的です
この後どんな景色にあえるのか
こころはザワザワ







DS8_7327-1.jpg

紅葉ヶ瀬

文字通り紅葉の季節にはもみじが紅く染まって
その美しさを想像すると・・・
ええですね自然は










DS8_7331-1.jpg

おもっきり澄んだ流れに足をつけてみると
その冷たさに心臓がキュッとなきます
想像以上に冷たくてこの時期でも長いこと入ってられません











DS8_7345-1.jpg

奥の滝が天狗滝
左の伏流が竜ヶ淵

しとしと雨と川のミストでレンズは水滴まみれ
悪戦苦闘粉骨砕身(笑)










DS8_7354-1.jpg

天候には恵まれませんでしたが
水量に恵まれ大満足
滝の近くは轟音では会話もできないほど












DS8_7376-1.jpg

四十三万滝

豊かな水量
岩肌を滑り落ちる水はとても早く
合流して水飛沫










DS8_7383-1.jpg

開けた流れになって小休止
文字通りここは広河原というらしい













DS8_7395-1.jpg

菊池渓流はいろんな滝流れがあって
変化に富み 水は青く
陽の差し具合でいろんな表情を見せてくれ
撮り飽きることがありません











DS8_7403-1.jpg

しかし美しい
やっぱり美しい













DS8_7408-1.jpg

川面はミストが敷き詰められ
天然の美と癒し
感動という言葉がぴったし
写真だけではなく心にもこの風景をと
シャッターをきりました










DS8_7412-1.jpg

何思う 佇む女性
先ほどかわいいにょろにょろにでくわし
かいらしい大きな悲鳴をあげていたのは秘密です












DS8_7416-1.jpg















DS8_7430-1-1.jpg

いやほんと来てよかった
心から癒されました
自然のもつ浄化力に自然治癒力もあがった気がします

ありがとう 菊池渓谷
ありがとう 熊本
ありがとう 日本


関連記事

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.