解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
よっしゃこれにしよ 香港亭 (2015/04/19)


ひさびさの香港亭

看板の値段書き換えときや まえのままやで

この辺の感覚は大陸中国





P1130475-1.jpg

よっしゃ 五目メシ(笑) これにしよ

焼がぬけ作









P1130467-1.jpg

なんや さびしいのう

酢豚 + 五目めし = 看板にこちらは偽りなし(笑)












P1130470-1.jpg

とおもてると 店主の張さんが セルフのコーナーを指さして

どーど どーど

ほて こんなかんじに

おお それらし かっこついたの








P1130471-1.jpg

この副菜の肉味噌はうまいの

麻婆にみえたけど 肉味噌

これと奴はようあうわ うん










P1130473-1.jpg

五目めしだけに ちょい焼きたらん

セルフ取りにいてる間にさめたか

いやいや 中華の焼飯はやっぱり はふはふいうて

最後まで額に汗のあちちやないと あかんのことよ 張さん

ちと油のまわりがあまいからじきにさめら

うるさい男ですまんの


普通にかんがえたら まともな酢豚と焼飯にいろいろ

これで750円は十分お値打ちで 腹パン


ごっとさん

関連記事


めぇ いんでもと
あんばい さーなぇ…
(ひでぼ)
2015/04/19 | URL |(trip@-)
編集



この近くにある釣具の一休に時々行きます。今度行く時は香港亭の焼飯をいただいてみます。
稲香村は家から近いので、良く行きます。中国語が飛び交ってますが、なんか落ち着きます(笑)
稲香村も、岸和田さんの記事を見て行き始めました(^^)
僕をラヲタからチャーハンターに変えたのは岸和田さんです!(笑)
(いちさん)
2015/04/20 | URL |(trip@-)
編集



ひでぼ まいどーです。

せやろ なめたや。
(岸和田市民)
2015/04/21 | URL |(trip@-)
編集



いちさん まいどーです。

お住まいは稲香村のちかくですか。
それやったら黒龍苑をおすすめします。
もう行ってはるかな(笑)
あそこの炒は安定しています。
いくらランチでお得感があっても満足感に欠けると足は遠のく。
チャーハンタやもんな(笑)
(岸和田市民)
2015/04/21 | URL |(trip@-)
編集



岸和田さん、黒龍苑を教えていただきありがとうごだいます(^^)

伏屋にある中華屋さんですね!
あそこの焼飯はまだ食べたこと無いです。
“炒が安定している”
チャーハンターのお言葉はかっこいいです。尊敬しています。
近いうち食べに行きたいです。
黒龍苑は、久保惣美術館の近くにもありますよね。どちらが本店なんでしょう。

以前は、よってこやっていうラーメン屋さんの炒飯が美味しくて良く食べていました。堺の店が閉まってからは行かなくなりました。
僕も美味しい炒飯を見つけたら岸和田さんに報告致します!


(いちさん)
2015/04/21 | URL |(trip@-)
編集



いちさん まいどーです。
黒龍苑が2号店をつくったのは聞いていましたが内田でしたか。
もちろんまだいたことないのでわかりませんが 元々の光明池の炒が変わらぬことを祈ります。
いくら技術を習っても炒には人間がでます。
ムラがあると ああそうなのかっておもてしまいます。
でもね つくる側もいただく側も人間やから体調でかわってしまいますよね。 字と同じできれいと丁寧はちがいます。 丁寧な炒、読みやすい字の如くの炒がほんもんやと思います。
ああ来てよかった 食べてよかったと思える店が名店やと思うのですが・・・。
もっと突きつめれば味だけではないですよね。
(岸和田市民)
2015/04/21 | URL |(trip@-)
編集



香港亭・・・
セルフを導入してから遠ざかってましたら変わってましたね
今は「新味」という店になってました
HK亭からの居抜きでやられてるっぽいですね
ホールのおねーさんも若返ってます(笑
新しくなって何回か食べに行ってますが
チャーハンおいしかったですよ
前(HK亭)より味がぶれてないと思います
新味定食でお腹いっぱい 唐揚げもうまうまです
toki
2017/01/12 | URL |(trip@-)
編集



tokiはん まいどーです。

香港亭は新味というお店にかわっていましたか
ブレのない炒飯 ええですね
炒飯まじめにちゃんとやれば美味しくなるのに・・・
最後の頃はだいぶがっかりさせられましたよ
おねーさんも気になりますし(笑)
行ってみますね
(岸和田市民)
2017/01/13 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.