解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
久しぶりの香港亭 (2014/07/19)


久しぶりに香港亭にいきました














s-P1120065.jpg

これは増税にかこつけた便乗値上げやな

ありきたりの値段になってしもた

消費税が上がってこういう値上げが多いとほんと悲しくなるな










s-P1120064.jpg

まあ それでもお昼の定食は安いんとちゃう














s-P1120074.jpg

ねーちゃんは五目焼きそば定食














s-P1120076.jpg

揚げそばやね

これはこれでうまいのやけどちょっと思惑はずれ

そばはやらこいのん食いたかったみたい

しかしいかついボリュームや








s-P1120077.jpg

どれどれ

餡かけは白めしににあう

中丼そば入りや(笑)

餡は海鮮塩のほうが好きかな






s-P1120069.jpg

さて 五目焼き飯

ちょっと流行るとなめたになって

焼きはあまいし

ほんまに味見してるんかいという体たらくやったんで

しぱらく敬遠しとったねん






s-P1120068.jpg















s-P1120073.jpg

炒は前にもどってるな

これも前回はあんまり関心のできんやつやった

今回はちょっと塩辛いが夏場はこんなもんか

これがそれを考えてこの味になっていると

ええほうに解釈しとこ

しかしムラがあるのは否めんな


がんばってくれよ張さん



■香港亭

住  所 和泉市富秋町2-10-9
もしもし 0725-45-3366
営業時間 11:00~23:00アイドルタイムあり
定休日  第一、第三水曜日



s-P1120078.jpg

おいおい 看板の値段書き直しときや

関連記事


はじめまして やっぱり、そうですよね‥美味しい時とそうでない時ありますよね‥

俺はタイミング悪いのかなぁ。

また、行ってみます!
(しん)
2014/07/19 | URL |(trip@NkOZRVVI)
編集



いつも楽しく拝見させて頂いてます。あまりにも共感だったので…4月ぐらいから ん?って感じで5月に再ん?ここはもうないなって思ってましたが、もう一度いってみようか…
(そあら)
2014/07/19 | URL |(trip@-)
編集



汗はかいても 胡坐はかいたらあきませんねw 
日々精進
(aki)
2014/07/19 | URL |(trip@-)
編集



消費税上がって客足遠のいて・・・
でも、収める消費税は8%で・・・
値上げしたい店はどこにもありません。
でも、上げざるを得ない場合もあります。
これ見てる人の何人かが便乗値上げしたと思い込んで行かなくなるのでしょうね。
(YOSHI)
2014/07/19 | URL |(trip@-)
編集



しんはん コメントありがとうごだいます。

香港亭確かにムラがあります。
かだらの調子である程度はしかたないとしてもちゃんと味見だけはしてほしいですね。
はい 行ってみてください。
(岸和田市民)
2014/07/20 | URL |(trip@-)
編集



そあらはん コメントありがとうごだいます。

毎回味がバラックとほんとの店の味がわからなくなります。
ってか足が遠のくのもよくわかります。
だめなときはだめとさしでがましいかわかりませんが
ちゃんと伝えていこうと思います。
また 行ってあげてください。
(岸和田市民)
2014/07/20 | URL |(trip@-)
編集



akiはん コメントありがとうごだいます。

ほんまそない思います。
胡坐の上になにもうまれません。
(岸和田市民)
2014/07/20 | URL |(trip@-)
編集



タイトルなし
YOSHIはん コメントありがとうごだいます。

この値上げにはお客の反応でお店のかたが一番感じているのではないでしょうか。
コストパフォーマンスはお客が決めるものだと思いますし
妥当であればまた行くでしょう。
(岸和田市民)
2014/07/20 | URL |(trip@-)
編集



「香港亭」には家族で行きましたが 嫁は、感心してまして再訪ありと。

私は、ちょっとって感じました。
次男は五目チャーハン取ってました。
こんなもんかって言ってました。
生意気な高校生ですわ(^^;)

栂・美木多の「うさぎ」の近くの中華は、どうでしたか?
気になりますね。
(営業マン)
2014/07/20 | URL |(trip@-)
編集



営業マンはん まいどーです。

炒飯って奥深いですね。
もちろん作り手のコンディションもありますし
自分の舌も体調や腹の減り具合ででんでん変わる。
そんな中で一定の味を保ち続けるってのは
たいへんな技術とモチベーションが必要なのではないのでしょうか。
ベクトルがあえばすばらしい炒飯になりますね。
(岸和田市民)
2014/07/21 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.