解析タグ
オレのかだらは炒飯でできている。 炒飯はつづく・・・。
大正洋館で珈琲 (2013/03/02)


午後のひといき

ひだまりの中 陽あたり良好。













s13-P1060557.jpg

表の白い格子と中の木目の格子

織りなすコントラストに魅入っていました。

モノトーンに磨りガラス

光がつくる陰陽はとても豊かな色彩です。













s13-P1060566.jpg

テラスではお茶

中のレストランでは食事が楽しめます。


















s13-P1060568.jpg




















s13-P1060555.jpg

穏やかな春光に写しだされた

木々の影が風に揺れてゆらゆらゆらり

きらきらり。















s13-P1060532.jpg

このお屋敷 洋館と日本家屋が

見事に融合しています。

こちらは日本家屋の手洗い。

おなじ採光がほどこされています。

わんだほー。

粋ですね ほんとお洒落。









s13-P1060523.jpg

カランは銅。

緑青がふいてええかんじ。

















s13-P1060533.jpg

天井にも床にもさりげなく

贅をこらした匠の技がみえます。

















s13-P1060536.jpg

縁の寄せ。

すばらしいです。

















s13-P1060518.jpg





















s13-P1060570.jpg




















s13-P1060513.jpg

お庭から。



















s13-P1060510.jpg




















s13-P1060508.jpg




















s13-P1060509.jpg

和板硝子の歪みがええでしょ。

洋ガラスにはない温もりがあります。
















s13-P1060584.jpg

眼福いたしました。







田尻歴史館

大阪府泉南郡田尻町大字吉見1101-1

もしもし 072-465-0045





スナップ写真人気ブログランキングに登録しました。

よかったら応援してください。









関連記事


管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2013/03/03 | |(trip@)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
まろんと炒飯Ⅱ © 岸和田市民 2017. (http://marontochahan2.blog82.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.